学校以外での学習・レジャー内容が豊富に=中国児童発展報告

来源:CRI 时间:2019-08-21 10:39:14

  中国児童センターと社会科学文献出版社は20日、『中国児童発展報告(2019)――児童の校外生活状況』青書を合同で発表しました。同書は、「中国の児童は学校・幼稚園以外での生活において学習とレジャーを両立させ、放課後や休日には様々なイベント・行事などに参加している」としています。

  今回発表された青書は、全国10以上の都市と農村の幼稚園、小学校、中学校の3歳から15歳までの児童(または保護者)1万5000人を対象にアンケート調査を行ったもので、学校・幼稚園以外での時間の過ごし方、学習塾の利用状況、日常生活など5つの面について、基本状況をまとめ、児童の成長への影響などを分析しています。

  同書について中国児童センターの苑立新主任は「調査によれば、就学児童の学校以外で過ごす時間について、宿題に使われる時間が87.85分と最も長くなっている。次に長いのが外で遊ぶ時間の45.82分で、特に公園や広場などの公共施設が利用されている。3番目に長いのが電子製品を使う時間で、43.24分に達している」と紹介しました。

责任编辑:伊帆
相关内容