新型肺炎 中国外交部が日本の支援に感謝

来源:人民網日本語版 时间:2020-02-05 15:33:11

  外交部(外務省)の華春瑩報道官は4日のオンライン定例記者会見で「中国側は日本の人々の心温かい行動に関心を寄せており、日本を含む各国の人々から寄せられた同情、理解、支持に心から感謝を表明し、心に深く刻む」と述べた。

  日本の多くのネットユーザーが最近、在日本中国大使館のSNSアカウントで、武漢と中国を応援するコメントを書き込んでいる。華報道官は「新型コロナウイルスの感染による肺炎が発生して以来、日本の政府も社会各界も中国に多く同情し、理解し、支持している」と指摘。

  「感染が発生するや、日本政府は中国の感染阻止との闘いに全力で協力すると表明した。日本の政府と多くの地方、企業が自ら進んで中国側にマスク、防護ゴーグル、防護服などの医療物資を寄付した。武漢に寄付されたいくつかの物資の包装箱には『山川異域、風月同天』(山川、域を異にすれども、風月、天を同じうす)『豈曰無衣、與子同裳』(豈に衣無しと曰はんや、子と裳を同じうせん)と書かれていた。日本のいくつかのドラッグストアでは『がんばれ中国』『がんばれ武漢』のスローガンが見られる。東京スカイツリーは中国と武漢の肺炎感染との戦いのために祈り、応援しようと特別に赤と青にライトアップされた。一部の国で極端に差別的な発言が上がっていることを念頭に、日本厚生労働省の高官は記者会見で『悪いのはウイルスであって、断じて人ではない』と表明した。保護者たちに手紙を書き、悪意を持って中国と武漢を語ってはいけないと児童たちを教育した日本の学校もある」と述べた。

  華報道官はまた「中国の多くのネットユーザーも私と同様に、日本の人々のこうした心温かい行動に関心を寄せていると思う。感染と闘うこの困難な時にあって、我々は他国の人々から中国に寄せられた同情、理解、支持に心から感謝を表明し、心に深く刻む」とした。

  「感染は一時的なものだが、友情は長く続くものだ。中国側は引き続き国際社会と共に、感染拡大を防止し、抑制し、阻止する戦いへの勝利を全力で目指し、正常な仕事と生活を早期に取り戻し、各国の人々と引き続き友好的交流を行っていく」と述べた。

  「人民網日本語版」2020年2月5日

责任编辑:伊帆
相关内容