青島高新区は6項目の「会わない審査」モードを実行、審査許可サービスの新方式を切り開き

来源:中国山東網 时间:2020-02-17 18:40:35

  青島高新区の企業が続々作業回復・企業再生産、企業の登録、投資建設種類の審査認可業務の増加と伴って、青島高新区行政審査サービスは審査許可サービスの新方式を切り開き、新な「会わない審査」モード6項目を実行、疫病予定・抑制する時期において、企業に良質・効率的なサービスを提供する。

  1.多種類ツールで相談

  青島高新区行政審査ホールWeChat、山東政務サービス網などのプラットフォームを通じて、多種類のルートで事務問い合わせの電話と審査事項の申請基準を公開した。事務電話、WeChatを利用して、オフライン窓口の問い合わせをオンライン問い合わせにグレードアップする。

  2.オンライン申請

  (1)オンラインで申請する。山東政務サービス網(青島高新区端末)を通じて企業の申請資料を提出する。

  (2)オンラインで予審する。企業は予約した電話、WeChatなどのオンライン疎通方式を通じて、関係者を連絡して事前に介入し、申請書類に対して予審を行い、審査の効率を向上させる。

  3.遠隔映像で計測

  計測条件を満たした場合、外出の頻度を減らすために、遠隔映像の利用を奨励、現場に対してリアルタイムの遠隔映像の計測を行い、ホール人員の流動を最大限に減らし、予防抑制と審査の両立を遂げる。

  4.ゼロベース・ガイド

  よく使われた審査事項「ゼロベース」テンプレートを整理・発表、審査要件リストを明らかに、承諾した審査期限などを実行して、同時にコンサルティングサービス電話、連絡先などを公布する。

  5.双方向宅配便

  双方向・無料な宅配によって審査書類、許可証写真などの資料を送る。

  6.「会わない」と約束

  審査許可の資料が揃わず、受け付けた建設の審査許可事項に対して、自主的にその関連する承諾制度の要求を通知し、企業によってオンラインで承諾を行い、適時に正式審査の証明書を発行する。

  中国山東網

责任编辑:伊帆
相关内容