1200万の小型店の収入が増加、デジタル化で活気づく

来源:チャイナネット 时间:2020-07-08 10:22:30

  多くの消費者は最近、身近にある小型店にの変化に気づいている。外の床屋がライブ配信を開始し、路傍の串焼き屋でもクーポン券が使えるようになった。多くの小型飲食店と果物屋が自宅まで商品を届けてくれるようになった。小型店のデジタル化モデルチェンジは人々の生活の利便性を高め、彼らの「自力救済」の突破口になっている。

  データによると、デジタルライフプラットフォームのデリバリー・配送サービス、クーポン券などのフレキシブルなデジタル化経営手段により、全国の小型店が力強く営業再開している。4月下旬以降、毎週平均100万の個人事業主及び「夫婦店」などの小型店が、支付宝で受取コードや店舗新設を申請するか、デジタル化モデルチェンジを模索している。すでに1200万の小型店の収入が前年同期比で成長している。

  中南財経政法大学デジタル経済研究院の盤和林執行院長は本紙のインタビューに応じた際に、「新型コロナウイルス感染症を受け、サービス業を中心とする小型店の経済に深刻な影響が生じた。オンライン事業発展の加速は早期の操業再開、小型店の生命力の維持の現実的な選択肢だ。また現在の消費の需要は情報化・デジタル化・スマート化に向け発展している。デジタル化モデルチェンジは新型消費の需要に効果的に合わせ、新型消費業態を育成しグレードを上げ、経営コストを引き下げ取引の効率を高め、小型店の経済により多くの利益と新たな発展空間をもたらす」と指摘した。

  全国工商業連合会などが発表した「2019-20零細企業融資状況報告書」によると、オンラインバンク信用貸付による融資の獲得はコロナ発生後、零細企業及び個人事業主の資金問題を解消する重要な手段の一つになっている。

  オンラインプラットフォームが攻勢

  小型店の苦境脱出をさらに支援するため、各大手オンラインプラットフォームが小型店の経済発展支援計画を次々と発表している。これには仕入先、知的データ、金融支援、取引先サポート、決済など各方面の具体的な措置が含まれる。

  政策が小型店の回復をサポート

  国家税務総局は先ほど「小型薄利企業及び個人事業主の2020年所得税の納税猶予関連事項に関する公告」を制定・印刷配布した。税優遇策により正確に支援を行い、小型店の経済発展を応援する。網商銀行と全国工商業連合会は先ほど「非接触貸付」零細企業支援計画を共同発起し、銀行100行が直ちに反応した。全国約1000万の零細企業、個人事業主、農家の操業・営業再開を全力でサポートする。

  専門家は「小型店の経済デジタル化モデルチェンジを加速するため、政府は減税・費用削減、金融サポート、消費刺激などの支援策を引き続き打ち出すべきだ。これにより小型店の経営問題を和らげ、経営コストを引き下げる。その一方で、デジタル化による小型店経済の活性化を引き続き促進し、小型店のモデルチェンジを支援するため、各大手IT企業による小型店の支援を奨励し、系統的な小型店育成支援体制を形成するべきだ」と指摘した。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」 2020年7月7日

责任编辑:焦竞赛
相关内容