新業態・新モデルによる新型消費発展加速のけん引、国務院が「意見」を発表

来源:チャイナネット 时间:2020-09-25 10:21:49

  中国国務院弁公庁はこのほど、「新業態・新モデルによる新型消費発展加速化のけん引に関する意見」(以下「意見」)を印刷・配布した。

  「意見」は、3−5年の取り組みにより、より健全な新型消費発展促進の体制・メカニズム及び政策体系の形成を目指すとした。2025年までにいくつかの新型消費のモデル都市とリーディング企業を育成し、実物商品のオンライン小売額が社会消費財小売総額に占める割合を大幅に高め、「インターネット+サービス」などの消費の新業態・新モデルを普及させ成熟に向かわせるとした。同意見は次の4つの面の15件の政策措置を明らかにした。

  (一)オンライン・オフライン消費の効果的な融合の促進の強化。

  (二)新型消費のインフラ及びサービス保障能力の建設の加速。

  (三)新型消費の発展環境の改善、関連法規・制度の建設の強化。

  (四)新型消費に対する政策のサポートの拡大。

  「中国網日本語版(チャイナネット)」2020年9月24日

责任编辑:焦竞赛
相关内容