2035年目めどに北京市内の人口40万から50万人が副都心へ

来源:人民網日本語版 时间:2021-03-03 09:22:39

  北京副都心は今月1日に開いた記者会見で、第14次五カ年計画(2021‐25年)の概要を説明し、2035年までに、北京市内の人口40万から50万人が副都心に移動するよう取り組むことを明らかにした。中央テレビニュースが報じた。

  第14次五カ年計画期間中、北京副都心は、行政オフィスエリアの二期建設を完成させ、北京市内の第二陣の市級機関をそこに移転させることで、河北省廊坊市の三河市、大廠回族自治県、香河県との協同発展を促進させる計画だ。また、産業機能を大幅に改善する。運河ビジネスエリアのスタートアップエリアを全面的に完成させ、呼び込むまたは新たに設立する本部機関の数を40機関以上にし、財産管理機関の数を200機関以上にしたい考えだ。その他、文化観光エリアであるユニバーサル・スタジオ・北京の二期建設や北部の文化・観光イノベーションパークの建設がスタートすることで、文化・観光・商業の産業発展を新たな高みへと引き上げる。さらに、テクノロジーイノベーションの規模をさらに拡大させ、1千億元(1元は約16.5円)級の産業クラスターを作り出す計画だ。(編集KN)

  「人民網日本語版」2021年3月2日 

责任编辑:焦竞赛
相关内容