孟子思想及び歴史的に影響する学術研討会を行い

来源:中国孔子網 时间:2022-09-07 11:03:30

  8月18日から19日まで、尼山世界儒学センター聯合大学院孟子研究院、中国孟子学会が行い、首都师范大学哲学部、南京大学歴史学院聯合行った「孟子思想及び歴史的に影響力」をテーマとして学術研討会は亚圣故里山東省邹城市で開催しました。

  清华大学、北京大学、中国社会科学院、南京大学など各国内外高校、研究所の専門家学者たち約60名がこの会議を参加しました。今回の会議には、「オンラインと現場」両方できるように行いました。孟子研究院が特別ゲスト、首都师范大学哲学部教授、泰山学者、研討会開催する孔德立様が今回の開会式を開きました。

  孟子研究院党委書記、院长陈晓霞研究员、首都师范大学哲学部教授、中国哲学学科責任者陈鹏教授、南京大学历史学院副院长梁晨教授は今回の開会式でスピーチしました。会議の中、特別ゲストとして台湾大学教授黄俊杰様は動画の形で「東亜孟子学のシンクロと異趣」をテーマとして開会式でスピーチしました。

  今回の研討会は二日間を行い、全部で論文29届き、テーマが深刻し、内容も豊かです。論文テーマとして、研討会は会議五回と学術研討二回に分けました。専門家学者の発言内容は海外国内の孟子思想史、孟子学説の政治、歴史、哲学と現代イノベーションなどの視点から、人気話題から、孟子の思想中身を深く研討しました。また、孟子は新時代の思想価値をアピールしました。研討のなかで、専門家は孟子の仁義思想、性善論、経権思想、井田などテーマとして激しい弁論をしました。若者学者の質問に対して、専門家は細かく回答し、学術コミュニケーションの中激しい波を出ました。

  孟子思想と歴史的影響力という学術研討会は国内外有名な専門家学者たちが集まって、孟子というテーマとして研討しました。今回の会議は学術のコミュニケーションであり、孟子思想を発揚する重要な土台であり、専門家たち高い学術の研討会でした。

责任编辑:焦竞赛
相关内容